町工場の技術と製造力を活用する

有機的につながるモノづくりのエコシステム

オリジナル商品を作って販売したい。機械や装置を作って新しいサービスを展開したい。

しかし、どこにどうやって相談すべきかわからない。

そんな悩みを持っていませんか。ネットで検索すれば無数の工場があり、マッチングサービスもあるけれど、実際に問い合わせてみると相手にされなかったり、法外な数量や料金を求められたり、戸惑うことも多いでしょう。自分が大切にしたいイメージを共有できずに、違和感を持ち続けながらストレスを抱えているケースも少なくないようです。

TOKYO町工場HUBでは、日々、個人の作家やクリエイター、起業家、企業の新製品開発の担当者など、さまざまな分野、職種の人々からのご相談を受けています。それぞれのニーズに即し、製品やパーツの試作や量産に適した町工場を探し、安心できるサプラーチェーンの構築をお手伝いしています。

大切にしているのは、アントレプレナーの思いとニーズを理解することです。またそれぞれの制約条件を十分に把握し、成長段階に見合った進め方を重視しています。その上でイメージを共有し、最適な製造方法や設計・デザイン面での提案を行っています。

試作・量産のプロセス

TOKYO町工場HUBは、相談者の成長段階、ニーズや制約条件(人材、資金、時間等)に応じて、案件ごとに最もふさわしい町工場を選定し、具体的な発注に至るまでをサポートします。特に、イメージを具体化し、工場に発注しやすいように筋道を整理し、仕様を明確化する作業に重点を置きます。

発注後は、各町工場との直接契約で進めて頂きますが、必要に応じてサポート致します。

サポート内容

1. ニーズ把握

試作・量産したいものの理解に加え、事業や商品開発のどの段階にあるのか、何を目的にしているのか、どのような成果を期待しているのか、といった諸条件の把握に重点を置きます。

2. 町工場の選定

ニーズに応じて最もふさわしいと考えられる町工場の候補を選定します。実際に町工場の経営者と直に話す機会を設け(遠隔地の場合はオンラインで)、相互の期待値をすり合わせます。

3. 仕様の明確化

工場に発注できるように具体的な仕様を詰めていく作業を、町工場と共に、お手伝いします。この段階で製作方法等についても決めます。設計が必要な場合は、技術サポートもご利用ください。

サポートの範囲

本サポートは、TOKYO町工場HUBの知識や経験、厳選されたネットワークを活用して、アントレプレナーが試作や量産を行うための工場を選定し、具体的な発注をサポートするものです。結果的に、当方が選定した町工場決まらなかった場合にも、要した実費はご請求させて頂きますので、その点ご了承ください。なお、ニーズを伺った段階で当方で対応が難しいと判断した場合には、お断りすることもあります。

料金

実費ベースで料金をご請求します。初回の相談料は無料です。案件の内容、必要な工場の数、調整や詰めの難しさに応じて、コストが変動します。学生のアントレプレナーには、割引がありますので、ご相談ください。

 

TOKYO KEYBOARD

Tokyo Keyboardのプロジェクトでは、5つの異なる分野の工場を組み合わせて製品を製作。工場の選定から仕様の詰め、工場間の連携、納品までをTOKYO町工場HUBがアレンジしました。

MADE WITH TOKYO

東京「ものづくり」物語

作り手の思いが詰まった製品

詳細はこちらから
Click Here

ご相談を受け付けています。

お問い合わせはこちらから