ビジネス・プラットフォームの構築

ビジネス・プラットフォームの構築

町工場の新たなエコシステムとして
町工場の新たなエコシステムとして

TOKYO町工場HUBが、様々なパートナーと構築しているビジネス・プラットフォームは、ものづくりを中心とする町工場が、次世代のビジネスモデルを構築する上で必要とされる要素を組み合わせ、いわば事業の新たなエコシステムを構築するものです。
ITを活用したシステム上で不特定多数を対象にサービスを提供するようなビジネスではなく、むしろ信用のネットワークに裏打ちされたクローズドな関係性の中で、最大限の効率と公平で対等なビジネスを行うための仕組みづくりを行なっています

次世代を見据えたモデルのデザイン

それぞれのプラットフォームは、対象としている分野も、方法論も構成も異なりますが、共通している点は、プラットフォームの運営者も含めた全ての関係者が、最終的なユーザー(購買者)から売り上げを上げることを目標に、モチベーションが一致するようにデザインされていることです。役割に応じた分配率に合意することで個別の事業は開始され、また、最終的な製品なりサービスの売り上げを立てることで、全ての関係者が対価を得ることができる仕組みです。
このビジョンの背景のひとつには、高度に発達した情報分野の技術とインフラの進化があり、従来の大企業・大資本を中心とした経済の仕組みに、大きなパラダイムチェンジがおきており、潜在的に小さな企業や町工場が大きな力を発揮できる環境があります。TOKYO町工場HUBのプラットフォームは、こうした時代の流れを先取りするモデルを構築しようと試みています

DSCF4936 (1)

次世代を見据えたモデルのデザイン

それぞれのプラットフォームは、対象としている分野も、方法論も構成も異なりますが、共通している点は、プラットフォームの運営者も含めた全ての関係者が、最終的なユーザー(購買者)から売り上げを上げることを目標に、モチベーションが一致するようにデザインされていることです。役割に応じた分配率に合意することで個別の事業は開始され、また、最終的な製品なりサービスの売り上げを立てることで、全ての関係者が対価を得ることができる仕組みです。
このビジョンの背景のひとつには、高度に発達した情報分野の技術とインフラの進化があり、従来の大企業・大資本を中心とした経済の仕組みに、大きなパラダイムチェンジがおきており、潜在的に小さな企業や町工場が大きな力を発揮できる環境があります。TOKYO町工場HUBのプラットフォームは、こうした時代の流れを先取りするモデルを構築しようと試みています

現在進行中のプラットフォーム

現在進行中のプラットフォーム

新製品開発プラットフォーム

株式会社小川製作所 + TOKYO町工場HUB

ものづくりのパートナーとして新製品開発に取り組む新しいモデル

町工場の件場では、メーカーをはじめ、様々な業種から多様なレベルでご相談や依頼があり、日々ものづくりに励んでいますが、従来の観光の延長では、顧客のニーズに的確に対応したり、町工場としての経営を成り立たせたりすることが困難な状況になってきています。特に変化が激しく、スピードが求められる中、本質的に試行錯誤を要する新製品開発を進めて行く際に、従来是とされてきた方法を単純に踏襲するだけでは、ビジネスが成立し得ない状況にあると考えています。
現在、葛飾区のものづくりイテグレータである株式会社小川製作所と共に、発注者との対等なコミュニケーションを前提に、アイデア段階からご相談にのり、概略設計から試作品製作までの各工程を適切に区切り、試行錯誤を共に行い、実費ベースで開発を進める新しいモデルを試みています。いわば本当の意味でのパートナーとして、リスクとコストを分け合い、ものづくりに取り組む手法です。 すでに大手のインフラ会社や新進気鋭の起業家などとのお仕事をいただき、本モデルの有効性が証明されてきています。

DSCF2807

新製品開発プラットフォーム

株式会社小川製作所 + TOKYO町工場HUB

ものづくりのパートナーとして新製品開発に取り組む新しいモデル

町工場の件場では、メーカーをはじめ、様々な業種から多様なレベルでご相談や依頼があり、日々ものづくりに励んでいますが、従来の観光の延長では、顧客のニーズに的確に対応したり、町工場としての経営を成り立たせたりすることが困難な状況になってきています。特に変化が激しく、スピードが求められる中、本質的に試行錯誤を要する新製品開発を進めて行く際に、従来是とされてきた方法を単純に踏襲するだけでは、ビジネスが成立し得ない状況にあると考えています。
現在、葛飾区のものづくりイテグレータである株式会社小川製作所と共に、発注者との対等なコミュニケーションを前提に、アイデア段階からご相談にのり、概略設計から試作品製作までの各工程を適切に区切り、試行錯誤を共に行い、実費ベースで開発を進める新しいモデルを試みています。いわば本当の意味でのパートナーとして、リスクとコストを分け合い、ものづくりに取り組む手法です。 すでに大手のインフラ会社や新進気鋭の起業家などとのお仕事をいただき、本モデルの有効性が証明されてきています。

伝統産業の次世代型ビジネス

葛飾区の伝統産業の方々 + 株式会社Being + TOKYO町工場HUB

伝統産業を核とした新しいビジネスモデル・エコシステムの構築

日本の伝統産業の底流を流れるのは、千年を超える日本の文化の歴史と、培ってきた技や美的感覚、あるいは職人の気風といったものですが、それは過去から現在に引き継がれているだけでなく、未来へ向かっても大切に引き継がれていくべきものです。一方、「伝統とは常に革新を求めて行くもの(三絃司きくおか 河野公昭氏)」であり、その技術の継承と共に、事業としての持続可能性を図ることが必要とされています。
TOKYO町工場HUBは、葛飾区の伝統職人の方々と同区の伝統産業支援をおこなってきた株式会社Beingとパートナーシップを組み、伝統産業の次世代型ビジネスのための新しいビジネスプラットフォーム/エコシステム「かつしか凛(Katsushika Rin)」の構築に取り組んでいます。
凛では、日本文化という大きなパッケージの中に伝統職人たちを位置づけ、国内外の幅広い分野や業種との組み合わせや連携によって、より広い市場へのアクセスと今までにない製品やサービスの創出を可能にするモデルをデザインし、実践しています。

My Post (43)

伝統産業の次世代型ビジネス

葛飾区伝統職人 + 株式会社Being + TOKYO町工場HUB

伝統産業を核とした新しいビジネスモデル・エコシステムの構築

日本の伝統産業の底流を流れるのは、千年を超える日本の文化の歴史と、培ってきた技や美的感覚、あるいは職人の気風といったものですが、それは過去から現在に引き継がれているだけでなく、未来へ向かっても大切に引き継がれていくべきものです。一方、「伝統とは常に革新を求めて行くもの(三絃司きくおか 河野公昭氏)」であり、その技術の継承と共に、事業としての持続可能性を図ることが必要とされています。
TOKYO町工場HUBは、葛飾区の伝統職人の方々と同区の伝統産業支援をおこなってきた株式会社Beingとパートナーシップを組み、伝統産業の次世代型ビジネスのための新しいビジネスプラットフォーム/エコシステム「かつしか凛(Katsushika Rin)」の構築に取り組んでいます。
凛では、日本文化という大きなパッケージの中に伝統職人たちを位置づけ、国内外の幅広い分野や業種との組み合わせや連携によって、より広い市場へのアクセスと今までにない製品やサービスの創出を可能にするモデルをデザインし、実践しています。

ものづくり × 起業家育成 × ファイナンス

Nishiogi Place + Sekai Creator + TOKYO町工場HUB

町工場の製品開発・市場開拓のための新しいエコシステムの構築

従業員5名以下が大半を占める東京の町工場において、1社で新しい製品を開発したり、新市場を開拓したりすることは、非常に困難です。人材、資金、技術、販路など、様々な点で課題があり、足踏みしているのが実情です。
一方、新しいビジネスを立ち上げたいという起業家予備群がいます。起業家育成のコースを受講したり、MBAで学んだりしていますが、机上での学びが多く、実践的な経験を積むことが現実的に難しいということがあります。
また、こうしてアイデアが形になったとしても、市場の需要や資金調達面で未知なところが多く、初期投資のリスクがあるため、実際に市場との対話を行いながら製品やサービスを磨き上げることができません。
TOKYO町工場HUBでは、こうした課題を解決すべく、起業家やクリエイターなどを育成するNishiogi PlaceとSekai Creatorと組み、町工場のものづくり、起業家育成、クラウドファンディングを活用した資金調達や市場開拓を組み合わせた新しいエコシステムづくりに取り組んでいます

My Post Copy 4 (3)

ものづくり × 起業家育成 × ファイナンス

Nishiogi Place + Sekai Creator + TOKYO町工場HUB

町工場の製品開発・市場開拓のための新しいエコシステムの構築

従業員5名以下が大半を占める東京の町工場において、1社で新しい製品を開発したり、新市場を開拓したりすることは、非常に困難です。人材、資金、技術、販路など、様々な点で課題があり、足踏みしているのが実情です。
一方、新しいビジネスを立ち上げたいという起業家予備群がいます。起業家育成のコースを受講したり、MBAで学んだりしていますが、机上での学びが多く、実践的な経験を積むことが現実的に難しいということがあります。
また、こうしてアイデアが形になったとしても、市場の需要や資金調達面で未知なところが多く、初期投資のリスクがあるため、実際に市場との対話を行いながら製品やサービスを磨き上げることができません。
TOKYO町工場HUBでは、こうした課題を解決すべく、起業家やクリエイターなどを育成するNishiogi PlaceとSekai Creatorと組み、町工場のものづくり、起業家育成、クラウドファンディングを活用した資金調達や市場開拓を組み合わせた新しいエコシステムづくりに取り組んでいます。