自動走査式2軸レールの3D設計・製作

接着剤の塗布作業を自動化するための2軸レールを設計、製作しました。予算の都合もあり極力安価に実現できるように、既製品を多用する設計を心掛けました。既製品で賄えない部品は、板金加工や切削加工により製作しました。加工方法によるコストへの影響を考え、できる限り安価に製作できるような部品設計としました。

例えば切削加工であれば、できる限り削るボリュームを減らす、加工の入る面を減らす、そもそもの部品点数を減らし1つの部品で多くの機能を持たせるなどの工夫により製作部品のコストが下がります。板金加工でも、穴径を規格のパンチの大きさに合わせる、曲線ではなく直線の組み合わせとする等で、製作コストを下げる事が可能です。

小川製作所では、設計だけでなく、日々様々な部品製作を手掛けています。それぞれの製作方法の特徴を熟知しているからこそ、それを設計に盛り込み、合理的な部品製作を実現することができます。