多機能ローラー台車の3D設計・製作

既存のローラー台車を高機能化して使用したいというご要望を伺い、①積載物の重量を測定できる機能、②積載物をローラーで滑らないようロックする機能を付加して設計、製作しました。お客様に視覚的にわかりやすく理解していただくため、3D CADを活用した提案資料を作成して、適宜プレゼンテーションしながら設計を進めました。

積載物の重量を測定するために台車を上下で分離し、重量センサであるロードセルを挟み込み、測定した重量を手前の表示器で表示できるようにしました。ロードセルを間に挟むことで、台車の上下に局所的に大きな負荷がかかりますし、精度よく重量を測定するためにかなりがっちりとした構造にしなければなりません。この強度や剛性が十分であるかをFEMと呼ばれるコンピュータ上での強度解析を行い検証しながら、設計を進めました。

この製品の実現には設計・解析、既製品、製缶加工部品、板金加工部品、機械加工部品、組立・調整と様々な要素が必要となります。それぞれの専門分野で強みのあるパートナー企業との協業により、最終的に一つの製品としてまとめ上げる事が出来ました。お客様のご要望やアイディアを、具体的な設計仕様に落とし込みながら検証して、実際の製作まで一貫してお任せいただけるのが小川製作所の強みと言えます。