プラスチック・コップへの印刷

高度な技術を必要とするコップへの印刷

容器への印刷で難しいのは、上と下で径が異なるものです。コップのように横から見ると台形のように見えるコップの全周に印刷するには、複数のギアを細かく調整する必要がありますが、一般の印刷機械では調整が利きません。そのため、全周の印刷を行った場合、開始点と終点がうまく一致せずに、ずれてしまうことが多々あります。

高い技術で顧客の細かい要求への対応が可能

同社では、この課題を克服するためにデジタル電子ギア付き印刷機を導入。さらに技術を磨くことによって、品質を向上、コップの表面にQRコードを印刷するなど、従来では応じられなかった顧客の細かな要求にも対応できるようになっています。