食べること × つくること × 生きること

      フード・ライフ・スカラーズ

      The Food Life Scholars

      フード・ライフ・スカラーズ(Food Life Scholars)は、料理研究家の大瀬由生子先生とTOKYO町工場HUBのパートナーシップで展開する「食」と「ものづくり」をテーマにした新しい事業です。

      人類にとって「食べること」と「ものを作ること」は密接不可分な関係にあります。私たちは食べるために道具を発明し、長い年月をかけて経験や技術を進化させてきました。その進化の先に文明が生まれ、食文化が発展し、現代へとつながってきています。そして、日本人には日本人の、現代には現代の食文化があるのです。

      新しい価値観や社会のニーズに応えつつ、伝統的な食文化に現代的な価値を見出して、今の日本人にとっての食文化を「食」と「ものづくり」の視点から見直し、今の時代にふさわしいモノやコトを提案します。それはまた、これからのライフスタイルを考えることにもつながっていくでしょう。

      事業内容

      フード・ライフ・スカラーズでは、WEBマガジンでの情報発信を行い、食や調理、食育に関する新しい製品の開発に取り組みます。また、新しい食に関する事業を展開する営利・非営利の経営者に対するコンサルティングも提供致します。

      WEBマガジン

      「食べることは、生きること」をテーマに、今の時代の食文化と食に関わる社会や家族、個人のライフスタイルに関する情報を発信します。

      製品開発

      これからの時代の食文化を支える様々なモノやコトを開発していきます。ベースにある考え方は「温故知新」。伝統的な日本の文化に新しい息吹を掛け合わせます。

      食事業コンサルティング

      少子高齢化の時代を迎える中、食事業も次世代のビジネスモデルを構築していく必要があります。食に関する営利・非営利の新しい事業展開をお手伝いします。

      活動状況

      子供用包丁の完成!

      2度の試作品を経て、子供用包丁の最終版が完成しました。シンプルな形の中に、子供の使いやすさを考えた様々な工夫と技が込められています。子供用ですが、プロでも使える本格的な包丁です。「宗秋」の刻印が彫られています。… Read More

      0
      子供用包丁の試作第2号!

      子供用包丁の改良版試作第2号が出来上がり、大瀬先生と葛飾区の八重樫打刃物製作所を訪問しました。試作した第1号の子供用包丁を大瀬先生がご自身や料理教室でのお子さんに使ってもらったフィードバックも話し合い、いよいよ最終形のイメージが固まってきました。… Read More

      0
      味噌汁ボックス・プロジェクト開始

      TOKYO町工場HUBは、料理研究家の大瀬由生子先生と「食文化・食育」と町工場のものづくりをテーマにした新しいビジネスの開発に取り組んでいます。その内のひとつ、「味噌汁ボックス」のプロジェクトに関し、未来デザインでプレゼンとデモンストレーションを行いました。… Read More

      0
      子供用包丁の試作1号!

      葛飾区の八重樫打刃物製作所にお願いしていた子供用の包丁の試作1号が出来上がりました。八重樫さんに試行錯誤して作っていただいたもので、大きさ、重さ、形など子供用の包丁でありながら、細部まで工夫がなされています… Read More

      0
      留学生とのブレーンストーミング

      東京大学大学院の留学生2名と料理研究家の大瀬由生子先生をお迎えし、日本の食文化というコンセプトで葛飾区の伝統産業をどのように海外の人たちに伝えるべきか、具体的な方策についてブレーンストーミングを行いました。… Read More

      0

      料理研究家 大瀬由生子

      料理研究家・一般社団法人日本糀文化協会 代表理事・まちの健康研究所健康アドバイザー

      旅や料理のライターのキャリアを経て、食文化と料理を研究する仕事に導かれるように進んだ。千葉県柏市に拠点を置き、全国各地で料理教室、講演、食育活動を積極的に展開し、行政や企業とのコラボレーションやコンサルティングも多数行なっている。

      子供から高齢者まで幅広い年齢層を対象に、食卓から始まる心豊かな食文化の実践的な普及・啓蒙活動に取り組んでいる。特に日本の伝統的な食材である「糀」と発酵文化について造詣が深く、自身の主宰する協会で「糀マイスター」プログラムを運営、多くのマイスターを輩出している。食べることを通じて人と人がつながる持続可能な街や社会のあり方にも関心が高い。

      柏市子ども元気プロジェクトで「柏市学校給食クックパッド」を提案し連載中。 著書は20冊以上。アジア(台湾・韓国)に翻訳されたものある。NHKあさイチなどテレビ出演、新聞、雑誌への掲載も多数。水産庁「魚の国のしあわせプロジェクト・ファストフィッシュ委員会」委員、レストランや食品メーカーのアドバイザーも務める。

      【主な著書】「食べることは生きること」、「10歳からの料理教室」(現在、第8版まで増刷)、「はじめてのお料理レシピ」(韓国語でも翻訳)、「かわいく作れるチョコお菓子」(台湾にて中国語に翻訳)など。