TOKYO町工場HUBは、2017年より東京に新しい形の「ものづくりエコシステム」を構築する事業を展開しています。国内外のアントレプレナー(起業家、クリエイター、企業の開発担当者等)を「ものづくり」の立場からエンパワメントし、社会と経済の活性化、課題解決のイノベーションを推進することが目的です。東京のイーストサイド(主に足立区と葛飾区)の100社を超える町工場の製造力と多種多様な分野へのアクセスを生かし、多くのアントレプレナーの事業成長を支援してきています。

高度に分業化し、細分化された東京のものづくりのネットワークは、グローバル化の進展により衰退し分断されています。従来の垂直統合のビジネスモデルから、信用と信頼に基づく水平の連携を構築する必要があると考えています。映画制作のように、プロジェクトに応じてビジネスを自由にプロデュースできる次世代のビジネスモデルの実績を積み上げ、HUB工場を中心にした実働部隊の構築に取り組んでいます。

町工場HUBの デザイン

TOKYOに町工場のHUBをデザインするコンセプトを説明しています。

企業概要

TOKYO町工場HUB代表

古川 拓 Taku Furukawa

経  歴
京都大学法学部卒。大学卒業後、住友銀行(現三井住友銀行)に入行。東京本部で調査・企画業務を担当したのち、米国に通算10年間駐在、主に大企業の法人取引に従事した。2004年に独立し、アントレプレナーの道を歩む。次世代の文字認識技術の研究開発を行うベンチャーを皮切りに、国内外で数々のスタートアップを立ち上げた。ベンチャー投資ファンドの取締役や米国財団の理事なども兼任。バングラデシュでの通信インフラ事業や教育事業の立ち上げにも10年以上関わり、途上国での社会起業に力を注いできた。2017年5月にTOKYO町工場HUBの事業を立ち上げ、現在に至る。

東京都足立区の経済活性化会議、副会長(2020年12月-)他、各種審議委員会の委員を務める。

■ 学術関連
・2009年より2020年まで11年間に渡り、東京大学大学院新領域創成学科の非常勤講師として同大学院の環境マネジメントプログラム「持続可能な社会のためのビジネスとファイナンス(全10回)」を教える(留学生対象の英語講座)。

ご相談を受け付けています。

お問い合わせはこちらから