超高齢化社会プログラム2019@一橋大学ICS DAY2

超高齢化社会の課題と機会

超高齢化社会をテーマにした海外のExecutive MBAたちを対象にしたプログラムの2日目は、いよいよ日本の超高齢化社会の実相を理解し、その課題と機会について学びます。

1日が始まる前に、ラウンジで朝食が用意されています。ちょっと早めに教室に来て、ここであれこれ話すのが参加者にとって楽しみのひとつです。参加者の出身や職業が実に多様なので、誰と話していても面白い。これは多様性の国であるアメリカから来ているバークレーやイェールの参加者にとっても新鮮なようで、ラウンジはいつも賑やかです。

日本と世界の超高齢化社会

2日目の最初のセッションは、東京大学の高齢社会総合研究機構(IOG:Institute of Gerontology, IOG)の菅原育子先生にご登壇いただき、世界と日本における社会の高齢化が抱える本質的な課題について、講義を行って頂きました。

IOGは、日本をはじめ世界各国で 広く急速に進行する社会の高齢化にともなう諸問題を解決するため、高齢社会問題を総合的・分野横断的に研究するためのハブ組織として、2009年4 月、東京大学の部局横断的組織です。菅原先生は、IOGの特任講師として社会心理学の側面から高齢化社会の研究に取り組んでおられます。

東京大学の高齢社会総合研究機構(IOG:Institute of Gerontology, IOG)の菅原育子先生

講義では、高齢化社会は世界的な傾向であり、遅かれ早かれどの国も直面する課題であること、特に韓国などは急速に日本以上に高齢化が進む予測などを話して頂きました。そして2065年には65歳以上の高齢者の比率が38%を超えることが予測される日本の現状について、財政面でのコスト負担が大幅に増える中、どこで暮らし、誰に支えてもらい、どこで死ぬかといった生活者の視点での課題について丁寧に解説して頂きました。

こうした状況を受けて、従来の高齢者が少数であった時代の社会的制度やシステムでは通用できなくなっており、次世代にむけて新しい社会のデザインを考えていかねばならない。それを誰がどのように行うかが問われているというメッセージは、とても印象的でした。

プレゼンテーション終了後に活発な質疑応答があり、時間の関係で途中で打ち切らなくてはならなかったのですが、非常に学びの多いセッションでした。

超高齢化社会マーケティング

次のセッションは、株式会社電通の「電通シニアプロジェクト」で主任研究員をされている斉藤徹氏をお招きし、超高齢化社会におけるマーケティングについてお話を頂きました。斉藤氏は「超高齢化社会マーケティングー 8つのキーワードで攻略する新・注目市場の鉱脈」などの数々の著作や論文のあるシニア市場マーケティングのスペシャリストで、非常に多角的かつ幅広い分野をカバーされておられます。

講義では、まず「高齢者」というイメージの質的な変化ー健康・活発・おしゃれを志向する意識の変化と高齢者数の量的な増加という現象の進展について説明がありました。いわゆる「高齢者像」が多様な変化を見せており、インスタグラムで有名なbonとponの事例のように従来の高齢者のイメージでが捉えきれない状況になっているとのこと。

株式会社電通「電通シニアプロジェクト」主任研究員 斉藤徹氏

そんな中で、民間企業や非営利組織によって技術革新や新しいサービスのあり方が模索されている様子を豊富な事例で紹介されました。社会の担い手としての政府、民間、非営利の役割を見直し、市場価値として魅力が高まっている高齢者の多様なニーズに対して民間がコミュニティと連携しながらイノベーションを模索することの意義についてお話を頂き、非常に刺激的な講義となりました。

高齢化社会をテーマにするにあたり、その課題ばかりに注目するのではなく、ビジネスや新しい生活や暮らしのあり方を機会として捉えることも、本プログラムでは大事にしています。その意味でも、斉藤氏のお話はいろいろな面で目を見開かせられるものでした。

プロジェクト・キックオフ

午後からは、本プログラムの目玉となっているグループワークのプロジェクトのキックオフとスポンサーとなっている2つの企業からのプレゼンテーションと訪問でした。

グループワークは、参加者を4つのグループに分け、それぞれがスポンサーとなってくださっている2社のうち1社を担当し、その提示された経営課題について解決案を考え、最終日に両社の経営者に対してプレゼンテーションを行うものです。

今回は、昨年に引き続き、高級高齢者向け賃貸住宅の開発と運営をされているオリックス・リビング株式会社と訪問看護事業を行うホウカン東京の2社がスポンサーになっています。午後のキックオフでは、プロジェクトの概要と評価方法、各社の簡単な紹介と提示された課題の説明、課題を検討する上でのポイントなどのについて講師陣より説明しました。

スポンサーの2社には対象的な企業を選択しています。オリックス・リビングがオリックスグループという大企業に属するすでに確立した事業を運営するのに対し、ホウカン東京は2017年に設立したスタートアップの企業です。介護や看護という共通する部分もありますが、企業規模や対象とする市場、事業のアプローチなど、さまざまな点で異なり、対比することができます。参加者には両方の視点をもつことで、日本の高齢化社会の課題と機会の一部を立体的に把握してもらうことを期待しています。

ホウカン東京ビジネスサービス

キックオフの後、ホウカン東京ビジネスサービスの取締役で創業者の一人である河田浩司氏を教室にお招きし、同社の事業の紹介と提示されたお題の説明をしていただきました。ホウカン東京は、現在7つの訪問看護ステーションを運営する訪問看護のフランチャイズビジネスを展開しています。

その核となるのは、自社で直営する5つの訪問看護ステーションでの運営ノウハウの蓄積とITを活用した事務所運営支援の独自開発システムです。事業の成長と拡大に伴う収益とコストと資金繰りのバランス、人材の確保や定着、顧客の満足度とスタッフのモチベーションの維持・向上など様々な課題に直面しています。

ホウカン東京ビジネスサービス 取締役 河田浩司氏

訪問看護の現場を参加者が直接見ることは難しいことから、訪問看護の様子をビデオ撮影し、動画を見てもらうことになりました。ホウカン東京の上池台ステーションにご協力をいただき、動画撮影と編集はTOKYO町工場HUBが行ないました。朝から深夜まで休みなく仕事をする訪問看護の仕事は過酷ですが、1軒1軒の訪問を心を込めて丁寧に行なっている姿を映すことができたように思います。参加者たちも動画で訪問看護の仕事ぶりを見て、一様に驚いていました。

質疑応答の時間は1時間を確保していたのですが、最後の最後まで質問が止まず、参加者の関心の高さを感じました。

オリックス・リビング社訪問

参加者はホウカン東京のセッション終了後、バスに乗ってオリックス・リビング社の運営するシニアハウジングのひとつ、横浜市にあるセンター南の物件を訪問。同社の森川悦明社長の出迎えを受け、オリックス・リビング社の理念と事業内容のプレゼンテーションを受けたのち、実際に物件の中を見学させていただきました。

同社は、独立して生活できる高齢者の方々のためのプラテシアとサポートが必要なグッドタイムリビングという二つの種類のシニアハウスを提供されています。センター南では両方がつながる形で建設されています。中は高級感に溢れ、スタッフのサービスも心遣いも行き届き、まさに高級ホテルのような賃貸住宅です。

オリックス・リビング株式会社 代表取締役 森川悦明氏

しかし、設備はもちろんですが、同社が最も大事にしているのは、ゲストの尊厳を守り、居住者が生き生きと日々の生活を送ることです。「よくする介護」の理念を掲げ、要介護度などによって型にはめる一律の介護ではなく、ひとりひとりの生活機能をよく見て、自立できる範囲を広げていく支援を最優先にしています。その理念が物件の仕様やデザインに反映され、多種多様な居住者のための活動の場づくりに生かされています。

同社では、ロボットや室内見守りのシステムなど、積極的に技術革新を取り入れているところも特徴です。海外からの介護スタッフを育成することにも力を入れており、参加者にとっては次世代の介護サービスや高齢者住宅のあり方にもついて様々な観点から考えることができる貴重な機会となりました。

大学に戻ると1日のプログラムが終了し、参加者の一部は渋谷や銀座などに。あいにくの雨でしたが、夜の東京を満喫したようです。

一橋大学大学院 国際企業戦略研究学科(ICS)について

一橋ICSは、日本有数の国立大学として伝統ある一橋大学を母体とし、その精神を受け継ぐビジネススクールです。2000年、経営学教育のイノベーター集団により、全ての授業を英語で行う日本初のグローバルなMBAプログラムとして発足しています。教授陣には、野中郁次郎一橋大学名誉教授や数々のビジネス書でも有名な楠木建教授などが在籍されています。

http://www.ics.hub.hit-u.ac.jp/jp/

Global Network for Advanced Management/Global Network Week

Global Networkは、世界のトップビジネススクール30校により構成されるネットワークで、一橋ICSは、設立当初から日本を代表とする1校として参加。同ネットワークが行う様々なプログラムの中にExecutive MBAを対象にしたGlobal Network Week for EMBAがあります。これは世界のEMBAの学生たちが、各メンバー校が主催する1週間のプログラムに参加するもので、一橋ICSは昨年からEMBAを受け入れ、「超高齢化社会」をテーマに本プログラムを実施しています。

TOKYO町工場HUBは、一橋ICSの委託を受け、2018年の第一回目開催より本プログラムの企画と運営に関わっています。