超高齢化社会プログラム2019@一橋大学ICS DAY1

世界のExecutive MBA対象プログラム

TOKYO町工場HUBは、昨年に引き続き、一橋大学大学院 国際企業戦略研究学科(ICS)の委託をうけて、世界から来日するExecutive MBAを対象に超高齢化社会をテーマにした1週間のプログラムの企画と運営に関わりました。今回も、アメリカのバークレー、イエールなどの名門校に通う世界中から23名の参加者が集まり、非常に充実し、かつレベルの高いプログラムを実施できました。終了後に行った参加者からの評価では5段階評価でほとんどパーフェクトの平均4.9の評価(2年連続)を得ることができました。

多国籍、多様な職業

本プログラムは、様々な点で非常にユニークなものとなっています。一つには、多様な国、多様な職業的背景をもつ参加者が集まることです。今回は、米国、中国、ドイツ、アイルランド、メキシコ、南アフリカ、韓国、インド、インドネシアから、企業経営者、起業家、医者、弁護士、ジャーナリスト、金融・保険のビジネスマン、看護師、軍人など、多種多様な人たちが集まりました。

Executve MBAは社会人経験が15年以上が前提なので年齢的には30代後半から40代の人が大半なのですが、これほどの文化、知識と経験の多様性があると、ひとつひとつのセッションが実に白熱することになります。質疑応答は日本であれば20分程度でも時間が余るような感じですが、本プログラムでは1時間確保するようにしており、それでも時間が足りないほどに的確な質問と議論が続きました(同時通訳をつけていても時間が足りない)。

多彩な講師陣、実践的プロジェクト

二つ目は、多彩な講師陣を用意していることです。今回も、人口動態、社会制度、経済、ビジネス、新技術・イノベーション、マーケティング、経営などの観点から考えうる最高の講師陣を配し、超高齢化社会が直面する様々な課題と機会を俯瞰的かつ具体的に理解できるようになっています。ICSは日本でトップの経営大学院であると言われ、そもそも講師陣のレベルが非常に高いのですが、そこにゲストとして東京大学の高齢社会研究機構(IOG)、電通、Bloomberg、セブンイレブンなどから講師を招き、あるいは現場を訪問し、幅広い知識を得て、深く考える絶好の機会となっています。

三つ目は、本プログラムが1週間を通じての実践的なプロジェクトともなっていることです。参加者は4つのグループに分かれ、スポンサー企業2社のいずれかを担当、各社が提示した課題に対してソリューションを模索し、最終日にスポンサー企業の経営者に直接プレゼンテーションを行うというプロジェクト(Capstone Project)に取り組んでもらう内容になっています。1週間の学びを生かし、チームとして課題に取り組み、解決策としてのビジネスプランをプレゼンすることは、Executive MBAといえども高いハードルですが、ここが一番の学びの機会、クライマックスとなっています。

なお、本プログラムはICSが主催しているものであり、TOKYO町工場HUBは、その企画と運営の一部に関わったにすぎません。しかし、このようなプログラムの主催者側の一員として関われたことは、本当に貴重でありがたいことだと感じており、その体験の素晴らしさを伝えたく、以下にレポートします。

一橋大学大学院 国際企業戦略研究学科(ICS)について

一橋ICSは、日本有数の国立大学として伝統ある一橋大学を母体とし、その精神を受け継ぐビジネススクールです。2000年、経営学教育のイノベーター集団により、全ての授業を英語で行う日本初のグローバルなMBAプログラムとして発足しています。教授陣には、野中郁次郎一橋大学名誉教授や数々のビジネス書でも有名な楠木建教授などが在籍されています。

http://www.ics.hub.hit-u.ac.jp/jp/

Global Network for Advanced Management/Global Network Week

Global Networkは、世界のトップビジネススクール30校により構成されるネットワークで、一橋ICSは、設立当初から日本を代表とする1校として参加。同ネットワークが行う様々なプログラムの中にExecutive MBAを対象にしたGlobal Network Week for EMBAがあります。これは世界のEMBAの学生たちが、各メンバー校が主催する1週間のプログラムに参加するもので、一橋ICSは昨年からEMBAを受け入れ、「超高齢化社会」をテーマに本プログラムを実施しています。

TOKYO町工場HUBは、一橋ICSの委託を受け、2018年の第一回目開催より本プログラムの企画と運営に関わっています。

プログラム初日(DAY 1)

初日は顔合わせから。わくわくしながらプログラムがスタートしました。チームビルディングのセッションで参加者と意気投合した後、午前中はICSの教授陣による日本経済に関する講義から本格的なプログラムが開始しました。

ICSの藤川准教授のセッションは、日本における高度経済成長期の成長モデルを概観し、それがどのようにNational Innovation Systemとして機能し、その功罪が時代の変遷なかでどのように変化してきたかを解説しつつ、現在の日本が持つCenter of Excellenceの本質に迫ろうという内容で、非常に説得力のあるパワフルな講義でした。

小野教授からは、高齢化社会における人口動態について、様々な統計面から社会が新しい局面に変化する様子についてお話がありました。特に少子高齢化に伴う労働人口の相対的・絶対的な量的減少に焦点が当てられ、その対策としての移民政策や労働生産性の向上、技術革新などにも触れながら、日本人の気質や文化という特殊性の中で抱える課題や機会について解説されています。

午後は、同大学の非常勤講師でありWaNaviを運営している木村さんと西坂さんによる日本文化のセッションから始まりました。このお二人の講義はテンポが良く、内容が細部まで聴衆視点で練られていて2時間全く飽きることもなく、学びが多く、100点満点の素晴らしいものでした。

なぜ日本の作法には実に細かいところまでしきたりがあるのか?という問いかけから始まり、日本人でも知らないことばかりで、楽しかったです。

教室でのセッションのあとは、バスで移動し、小笠原流礼法を学ぶために世田谷区にある弓馬術礼法小笠原教場を訪問。小笠原流は、江戸時代の徳川将軍の礼法の指南役であり、礼法、弓術、弓馬術の伝統を今に伝えています。参加者は、正しいお辞儀の仕方から始まる礼法の基本的な考え方を学び、弓術の体験までさせていただきました。

日本人でもあまり体験することのない貴重な機会に参加者も興奮気味でした。

最後は、ザ・プリンスパークタワー東京で歓迎レセプション。33階のバンケットの窓から見える東京の夜景と東京タワーを間近に見て、参加者も大喜び。とても楽しい時間となりました。