かつしか凛が動き出しています!

葛飾の魅力を世界へ

TOKYO町工場HUBのプロデュースする葛飾区の伝統産業のビジネスをグローバルな市場につなぐためのプラットフォーム「かつしか凛(Katsushika Rin)」の事業が本格的な活動を開始しています。

現在、最初のプログラムとなる葛飾区での食文化体験プログラムの作り込みを行なっている最中です。伝統産業が息づく葛飾区の魅力を存分に生かし、主に日本文化に深い関心と興味を持つ外国人を対象に、日本の文化を深くしることができる学びと体験のプログラムを準備中です。

その準備の一環として、本プログラムの企画に賛同し、パートナーとなっていただいている料理研究家の大瀬由生子先生と、葛飾区の宮大工の建築による純和風家屋「森谷邸」を運営されている福島さんと須藤さんとともに、葛飾区で東京で唯一手作りでたわしを製作している有限会社サガラさんと伝統的な打刃物を製作する八重樫打刃物製作所を訪問し、その魅力を直に体験しました。

伝統職人の方々による熟練の技による手作りのものには、言葉では表せない深い魅力があります。何よりも、作っている職人さんの心がはんえいされているように思います。

こうした準備を整えながら、この春には試験運用を行い、年度の後半に本格的なマーケティングを行う計画です