名城大学「社会連携フォーラム2022」に登壇

社会連携フォーラムPLATFORUM2021に登壇

名城大学の社会連携センター主催による「社会連携フォーラムPLATFORUM2021」が3月25日、オンラインで開催され、講演者の一人として登壇致しました。TOKYO町工場HUBの活動や目指すところをお話ししました。本フォーラムには、企業・行政、学生、大学・教育関係者など幅広い分野から約90人が参加しました。

今回は、起業支援や対話を大事にした創造的な学び(クリエイティブラーニング)、産学連携を通じた地元産業界への貢献の場として整備した「起業活動拠点ものづくりスペース M-STUDIO」の開設記念イベントとして実施されたもの。

オープンしたばかりのM-STUDIOの様子もオンラインで紹介され、とても気持ちの良さそうなスペースです。いつかリアルで訪問したいところですね。教職員の方々と学生たち、地域の行政や企業の方々が連携し、新しい価値がどんどん生まれ、素敵な学びの場になることを期待しています。これからの展開がとても楽しみです。

講演の内容は、その場でグラレコされ、とてもコンパクトできれいにまとめて頂きました。なんと似顔絵付きで!

このような会議にお招き頂いた名城大学、PLATの皆様には心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

Similar Posts