東京のものづくりのストーリーを詰め込んだキーボード

本プロジェクトは、デザイナーであり、起業家でもあるアルビン・チェン氏(以下、アルビン)が新しいパソコン用のキーボードを企画・デザイン・プロデュースするものです。TOKYO町工場HUBはパートナーとして製造面のアレンジを担っています。

今回のTOKYO KEYBOARDは、アルビンにとって2機目の制作となります。一般の人が使うキーボードではなく、特殊なプログラミングを行うプロ仕様のものです。大成功を収めた初代のキーボードは、海外で調達した部品を中心に制作されましたが、今回は主要な部品を東京で調達することを基本方針にしています。ひとつひとつの部品や加工にまつわる町工場の物語を紡ぎながら、製品を作り上げていくことを目指しました。

アルビンのコンセプトは、つくり手の思いや物語をデザインや仕様に反映させ、ユーザーにとって美しく、感動のある製品を作ることにあります。スピードや便利さを過度に追求し、安さを求めて大量生産・大量消費される今の世の中のあり方に一石を投じるものです。

本プロジェクトは、透明度の非常に高いアクリルから、キーボードの筐体となる上下のセットを削り出す加工から始まりましたが、次第に当初の予想を超えて、次から次へと新しい物語を紡ぎ出す結果になりました。キーボードに使われる部品やその加工を担ってくれた町工場の物語であると同時に、本プロジェクトは外国人であるアルビンの東京発見の物語にもなっています。

TOKYO KEYBOARD

Alvin Cheung

Designer, Entrepreneur

アルビンは、米国カリフォルニア州出身のプロダクトデザイナー、起業家です。サンフランシスコでフード関係のベンチャーを設立したのち、日本に移住しました。日本では自由が丘に先進的なカフェを立ち上げて成功。現在は、キーボードを中心に、ものづくりの活動に情熱を注いでいます。

Contributors of Tokyo Keyboard

Tokyo Keyboardを制作するにあたっては、技術力があり、歴史のある東京の選りすぐりの町工場にご協力を頂いています。デザインや加工上の課題を解決すべく試行錯誤する中で、ひとつひとつ相談させて頂きながら築いた制作チームですが、完成品ができあがってみれば、ひとつとして欠かすことのできない素晴らしい人と技術の組み合わせとなりました。

株式会社オーエム

マツウラブラスト

戸谷染料商店株式会社

パッケージアート株式会社

ストーリー